サプリメント ビタミンA 効能

ビタミンAには、視力の低下を防ぐ、肌や体の粘膜(口腔内や胃腸)と正常状態に保ち、免疫力の低下を防ぐ。
身体の成長を促すと様々な働きがあります。

ビタミンAが不足すると暗い場所でものが見えにくくなる「夜盲症」という症状が出たり、成長に遅れがでる様です。

サプリメントは、ダイエットの補助をしたり体の成長を促します。
体の成長に欠かすことの出来ないビタミンAは、骨を作るたんぱく質の働きを助けます。

取り過ぎないように気を付けて摂取していきましょう。

サプリメント ビタミンA 摂取量

ビタミンAの摂取量は、厚生労働省が推奨する「日本人の食事摂取量の基準」が表記されています。
年齢によって細かく決まってます。

年齢    推奨量(男)     推奨量(女)
1-2    400          350
3-5    500          400
6-7     450         400
8-9     500         500
10-11   600         600
12-14   800         700
15-17   900         650
18-29   850         650
30-49   900         700
50-69   850         700
70以上    800         650

含有量を見ながら参考にして下さい。



ブルーライトメガネだけではスッキリしない方必見!

サプリメント ダイエット 高校生

先日高校生にも生活習慣病であるメタボの疑いがある割合が4割あると紹介しました。

生活習慣病の原因の中で特に問題視されているのがジャンクフード。
「ジャンク」とは、英語で「がらくた」「屑」という意味です。
食品におけるジャンクフードの定義は、「高カロリー、高塩分、または多量の砂糖を含む食品」です。

特保食品のCMでもうたっていましたが、おいしいものは「脂肪と糖質」で出来ている~。

ビタミン、ミネラル、食物繊維も少なく高カロリー食品とも言えます。


お菓子、カップラーメン、ファーストフード、ジュース等、生活の周りにはジャンクフードが溢れているという事です。

さて、このジャンクフードと上手く付き合う為にも、どんなサプリメントがあるか?

脂肪の吸収を抑える
糖質を抑える
脂肪の燃焼を促進する

以上の働きは欲しいものです。

サプリメントは、ダイエットの効果を助ける事を目的にしていますが、価格的に高価なものも多くなかなか手軽に試せないのも事実かな。

まずは、お試しに1日当たり95円のこちらの製品はどうですか。

サプリメント ビタミンA

ビタミンと聞くとCやEという言葉をよく聞くのでイメージする方は多いと思います。

では、ほかのビタミンはどんな働きがあるのだろう。

まずは、ビタミン。
ビタミンは水溶性と脂溶性の2種類に分けられると以前紹介しました。

ビタミンAは、脂溶性に分類されます。

ビタミンAは、2種類に分けられます。
カテロン  緑・赤・黄色という色素を持つ野菜や果物が供給源。ほとんどがβカロテン。
レチノール レバーなどの動物由来食品が供給源。

植物由来のカテロンは小腸で吸収される時に、ビタミンAと変換される「プロビタミンA」という物質。
緑黄色野菜にみられる赤・黄色等の色素のカロテノイドが有名です。

カロテンは体内への吸収率はあまり良くなく、多くのビタミンAは体内に吸収される事は少ないです。

しかしながら、過剰摂取されると脂溶性のビタミンAは抗酸化物質となって、身体の酸化つまり体の老化を防ぐ等の働きがあります。


動物由来のレチノール

レチノールはレバー等に含まれカテロンとは違い、初めからビタミンAの構造をしています。シミ・シワ・
そばかすの予防に効果があります。体内吸収率も良いです。

ただし、過剰に摂取すると頭痛などの症状がでるそうです。

サプリメント ビタミン 効果

炭水化物・タンパク質・脂質が3大栄養素と言われていますが、そこにビタミン・ミネラルを加えて
5大栄養素と言われています。

ビタミン・ミネラルは、身体の中でなくてはならないのに微量しかない栄養素(微量栄養素)です。


ビタミンには、代表的な物で13種類あり、水溶性と脂溶性の2種類に分けられます。

ビタミンは、肌の老化を防いだり、疲労回復の効果、免疫の向上、カルシウムの働きを助けたりと
多くの効果を出しています。

では、体にいいものなのでサプリメントを利用しながらなるべく多く摂取したほうが良いのかと
言うとやはり取り過ぎは副作用があるようです。


水溶性ビタミンは、過剰に摂取しても尿として排出されますが、脂溶性ビタミンは水に溶けず
脂肪組織や肝臓に蓄えられます。

その結果、副作用として便秘になったり、逆に吐き気・嘔吐・下痢になったりと健康被害が出て
しまう事もある様なので、何事もほどほどにしましょう。