サプリメント 貧血

貧血と聞くと鉄分が足りない(´;ω;`) ヘモグロビンの数値が低い(´;ω;`)と言われています。


ヘモグロビンと貧血の関係には、血液濃度が大きく関わっています。

ヘモグロビンには、酸素を体中に運ぶ役割がありますが、ヘモグロビンの水1が低下すると貧血の

状態になります。


単純に、血液が酸素を運ぶ能力が低下して、体の組織や臓器、細胞などが低酸素状態になります。

この低酸素状態になることで「めまい」や気持ちが悪くなったりします。


貧血の正式な病名は、「鉄欠乏性貧血」とか「小球性低色素性貧血」「正球性性色素性貧血」に分類されます。




「正球性性色素性貧血」は、急性の出血、白血病、リンパ腫などの疾患からくる二次性貧血である可能性が高い。



MCV・・・赤血球1個の平均容量
MCH・・・赤血球1個に含まれるヘモグロビンの量
MCHC・・・赤血球に含まれるヘモグロビン濃度


上記の値が正常なのに貧血と診断されると、二次性貧血と診断されます。



一般的には、、「鉄欠乏性貧血」で「立ちくらみ」「動悸」「倦怠感」「脱力感」「耳鳴り」「食欲不振」とかの

症状がみられます。


これらの症状は、鉄分不足である事が多く、サプリメントで補う事ができます。

食事に気を使うのは勿論の事、健康補助食品として鉄分サプリメントを試すのもいいかと思います。



サプリメント 鉄 えん麦

食物繊維が玄米の9倍。「えん麦」はご存知ですか?



米国食品医薬品局(FDA)が認め科学的根拠からA~Dにランク分けされている穀物の中で


見事Aランクに認められた食品です。



えん麦はオーツ麦とも言われ漢字で「燕麦」と書きます。海外ではオートミールやグラノーラ

として親しまれています。

えん麦は低GI食品であり、血糖値の上昇が緩やかになりインシュリンの分泌が低く抑えれます。



GIとは、グライセミック・インデックスの略で食後の血糖値の上昇を示す指標です。

食品に含まれる糖質の吸収度合いを示して、摂取2時間までの血液中の糖濃度を計ったものです。

GIが70以上が高GI、56~69を中GI、55以下を低GIと定義しています。


低GIサプリメントの特典付き特設サイトはこちら→低GI食品なら「えん麦のちから」

DHA 食品

食品のDHAってあるのかな?もちろん自然食品でなくサプリメントや飲み物!

飲み物ならありそう!

すぐに出てきたのが、ヨーグルトタイプの飲み物→【みんなのみかたDHA】
子供も飲みやすく毎日続けられます。どんな健康食品もそうですが、続けれなければ意味が無い。

気楽に続けれる飲み物はおススメです。



水産加工会社が作っていて、しっかりDHAも含有されていますし、家族で飲んでもいいかも!!
  ↓


サプリメント クレアチン筋肉

クレアチンが体内で多くなると瞬発的なは激しい運動、強い強度の高い運動、高負荷の運動でも

十分なエネルギーがありスタミナも増えて疲れにくくなると言われています。




その理由は、タンパク質や炭水化物、脂肪などの栄養は体内で消化吸収されて、分解されるの

ですが、分解、吸収されたエネルギーがATP(アデシノシンミリン酸)になるんです。


ATPは、エネルギー源で3種類のリン酸があります。

一つ目は、クレアチンリン酸。

残りの二つはADP(アデシノシンニリン酸)。


クレアチンとATPが結びついたらクレアチンリン酸とADPができます。


また、ATPが足りない時は、クレアチンリン酸とアデノシンニリン酸が結びついてクレアチンと

ATPを作り出します。体の構造は素晴らしい!!



つまりクレアチンをしっかり摂取するとハードなトレーニングにも耐える力がつくし、結果的に

持久力も上がるという仕組みです。サプリメントを上手く利用しよう。


サプリメント クレアチン筋肉

「筋肉を大きくしたい」「筋トレでより効果的に筋肉をつけたい」と思う人には

「クレアチン」
は強い味方になります。


「クレアチン」とは?

タンパク質の一種です。もともと人の体内にある成分です。アルギニン・メチオニン・

グリシンの3種類のアミノ酸で肝臓・腎臓・すい臓でつくられます。


筋骨格(骨格についている筋肉で、筋肉全体の40%程度)に存在していて、クレアチンを

摂取すると、筋肉の中でエネルギーになります。

クレアチンは高負荷トレーニングや持久力をあげるのに役立ちます。


タンパク質の1種である「クレアチン」であるので、肉や魚の動物性タンパク質から取ること

ができます。



しかしながら、食事からですと少量しか摂取出来ないので、効率的に摂取したい場合はサプリ

メントで補う事をお勧めします。→効率よく理想の身体へ