ルテイン 目に効く成分

「ルテイン」ってよく聞きますが、どんな成分なんだろう?


目に効果があるサプリメントの代表的な成分としてあげられるのが「ルテイン」。


「ルテイン」は、カロノイドと呼ばれる天然色素の一種であり黄色の色素。

ほうれん草、人参、かぼちゃ、ケール、ブロッコリーなどの緑黄色野菜。

とうもろし、マリーゴールド等の黄色い花の花弁。

果実、卵黄にも多く含まれています。

特に緑黄色野菜に多く含まれています。




また、お茶にも多く含まれています。

お茶と言うと抗酸化作用を示すカテキン、リラックス効果の高いテアニン等機能性

成分が多く含まれていますが、他にも「ルテイン」も多く含まれています。

特に日光を遮って栽培する「玉露」「かぶせ茶」に豊富に含まれています。



 「ルテイン」は、有害な光から目を保護したり、加齢による目の病気に対する予防効果も期待

できると言われています。

「ルテイン」は、黄斑部に多く存在しています。網膜とその中心にある黄斑部は、視機能に重要

な役割があります。


黄斑部は、視力や色覚等の視覚の多くを担う部位です。

「ルテイン」は紫外線やスマフォやパソコン、テレビ等から発せられるブルーライトの光を吸収し、

高エネルギーの光によって発生する活性酸素を除去する事が出来ます。この作用によって、網膜の

変性を防ぎ目を守ります。




今後、「ルテイン」の必要性。効能、副作用。摂取量。摂取時間とか調べていきます。


この記事へのコメント